セルフネイルをキレイに塗るコツ

セルフネイルをキレイに塗るコツ

 

ネイルアートはお金がかかるし、かといって自分で塗るのはムラになってキレイに塗れない・・・という方のために、きれいにネイルを塗るコツをご紹介します。

 

・下準備

甘皮のケアを予めしておきます。爪表面の汚れ、脂分を取り除くためにしっかりと手を洗いましょう。爪の長さをやすりで整え、表面のデコボコをなくしたら下準備の完成です。

 

・ベースコート

やすりをかけて出た粉を洗い流したら、ベースコートを塗りましょう。爪の裏側、エッジを塗ってから表面を厚くならないように塗ります。ベースコートは、濃いネイルカラーの色素沈着を防ぎ、もちを良くします。

 

・マニキュアを塗る

最初は利き手に先に塗ります。(利き手と逆の手に塗ってから、慣れないその逆の手で利き手に塗ると、ぶつけたりする可能性が高くなるからです)

 

マニキュア本体の刷毛をボトルの口部分でよくしごき、エッジ部分にマニキュアを塗ります。甘皮(キューティクルラインと言います)の1㎜上から先端までサッと塗ります。

 

真ん中→端(左右どちらでも可)→真ん中と端の隙間→逆端→真ん中と逆端の隙間の順に塗ります。マニキュアは継ぎ足さず、素早くさっと塗るのがコツです。

 

2度塗りを基本として、色味を見て3度塗りまで可とします。1度目が乾くまで待ってから、同じように2度塗りします。エッジにさらに塗って乾かしましょう。

 

最後にトップコートを塗り、乾いたら完成です。トップコートを塗ると、もちが全然違います。ぜひ、この方法でご自分でのマニキュアを楽しんで下さい。

愛の世界