夜足が冷えてなかなか寝付けない

いままで冷え性とは無縁の体質でした。冬も靴下を履くのが好きではないので家では裸足で過ごしていました。
しかし40代も後半になった今年の冬に急に夜足が冷えてなかなか寝付けない日が続きました。
初めての経験でしたが、足の指さきがすごく冷たくなって、そこからしんしんと体中が冷えてきてしまって
いくら布団や毛布をかぶっても、なかなか寝付けませんでした。
これが冷え性っていうものなのかとはじめて気づきました。
まず、靴下を履いて寝ることにしてみました。しかしもともと靴下がとても苦手だったので、多少足の冷えは
解消しましたが靴下が気になって眠れませんでした。
次に今まではお風呂は案外早い時間に入っていて、浴槽につかることはあまりせずシャワーで済ますことが多かったんですが夜寝る直前にお風呂に入るようにして、浴槽にも10分と時間を決めてちゃんとにつかることにしました。
これはなかなか効果的で体も足も温まった状態で布団に入ることが出来たので、随分足の冷えが気にならず寝付くことが出来ました。
電気毛布も考えたのですが、以前使ったとき朝とても乾燥していてのどを痛めてしまった経験がありましたので湯たんぽを購入しました。この寝る直前の入浴と湯たんぽで足の冷えは解消することが出来ました。”

ヒアロディープパッチ 男 ほうれい線

簡単なストレッチ体操とウォーキングをやって。

僕は、すごく運動が好きで、ジョギングなどいろいろとやっていたのですが、一昨年の健康診断をさかいに血管にあまり負荷をかけられない事が分かり、血圧の変動の少ない日常でできる動ける運動として、簡単なストレッチ体操とウォーキングを毎日行っています。深く息を吸って、息をゆっくり吐きながら、とにかく体が伸びてるなと感じるぐらいに伸ばすストレッチ体操を数種類やり、また、ウォーキングでは、距離としては、長くないのですがペースは早めに春の時期だと少し汗ばむくらいを意識して行っています。人それぞれ、体質が異なるので、何をしたら良いとははっきり言えないのが残念ですが、僕は、この様な生活で、体型を維持しつつ、元気に過ごしています。そして、食事においても、摂取する栄養を考えつつ、毎日朝、昼、夕と3食の食事を摂り、食べ過ぎないようにのんびりと食べています。さらに夜、寝る時間と朝、起きる時間を同じにしたら、毎日の生活が規則正しくなり、風を引いたり、病気をすることが少なくなりました。いろいろな健康法とかあると思いますが、自分の体質をしっかりと理解しつつ、自分にあった運動や食事を見付けることが、健康管理や体調維持につながると思います。

SIMIホワイト 医薬品 シミ